2015,12,05 猫脱出防止扉 納品しました


2015,12,05 のお話です*



9月にオーダー頂き、三ヶ月後の12月5日に納品してきました!

Mさん邸には猫ちゃんが一匹。
前に玄関から飛び出してしまって、大変心配な思いをしたそうで、
私に猫脱出防止扉のお話がきました。


このMさんはご夫婦で、
奥様は高校時代のわたしの後輩で、
東京で会えるとは思っていませんでした。

人はいろんなところで繋がっていますね。
オーダーいただけて嬉しかったです。



そして完成した扉がこちらです。




photo by Yutaro ICHINO






ぴったりハマりました。
心の中で何度ガッツポーズしたことか。

というのも、扉の制作は家具と違って少し専門外で、
何度もお宅訪問し、寸法を測ったり、建築物の強度を考えたり、わからないことばかりでした。

インテリアのお仕事をしている先生に相談したり、いろんな本を見たり。

でも、そのお陰でまた自分の知識と経験を増やすことができました。
前回の制作の反省も活かして、精度をあげるためにとことん頭で考えて図面をおこして、
限られた時間の中でかなり計画的にこなせたと思います。


少し自信がつきました。

ただ、仕事を計画的にこなしていくのは当たり前のことなので
それ以外の面をうまくこなすことが今後の課題になります。

例えば、ご飯はしっかり作る、とか。
睡眠時間をしっかりとる、とか。
普段当たり前にできていることが、忙しくなるとできなくなります。


体調を崩しては意味がない。
制作を続けていくには体調管理が一番大事だなと思いました。




photo by Yutaro ICHINO


猫背。超、猫背。
かわいいですね^^

外に出られないのが少しかわいそうだけど。。。








photo by Yutaro ICHINO



photo by Yutaro ICHINO



photo by Yutaro ICHINO



photo by Yutaro ICHINO



今回もオーダーくれた方の笑顔が見れて本当に嬉しかったです。
(それよりも納品が終わってホッした自分が一番笑顔だったかもしれない・・・)


大学を卒業してから少しずつオーダーの仕事が増え、
自分の経験と知識が増えていくのが実感できている今が最高に幸せだなと思います。

そして毎回思うのは、人との繋がりがどれだけ大事かってこと。

最近はそれを強く思います。

いま自分がこうやって制作できていること、オーダーをもらえるということ、
応援してくれる人がいるということ、支えてくれたり支えたいと思う人がいるということ、
いろんな人がいるから今の自分が居るのだと思います。

そういった全ての方々に感謝して生きていきたいと思います。

2015年の大物制作はこれで終了致しました。
落ち着いたいま、他の仕事をこつこつとやっていき、新年を迎えるかと思います。

まだまだ、まだまだ、未熟者ではありますが2016年も頑張っていきたいと思います!



--------------------------------------------------------
                      

saori NODA
 




 

It comments.